ゴルフスイングの基本をほんのひとかじりしてみませんか


ゴルフスイングのはじめ

最初に「動」の状態をつくっておかないとクラブをスムーズに始動できない

クラブをできるだけスムーズに始動するかというのがゴルフスイングの基本のはじまりです。。この部分でゴルフスイングの良し悪しのかなりの部分、決定づけれれるといっても言い過ぎではないかもしれません。

ゴルフクラブを正しいスイング軌道に乗せ、スイング全体のリズムを整えて、スムーズにフィニッシュまで振り切るためには、スイングのはじめのタイミングに十分に気を配ることが必要です。アドレスで体が完全に静止状態のままだと、体の筋肉が徐々にに硬直してきて、クラブをスムーズに動かすタイミングを失ってしまいます。

アドレスの姿勢ができたら軽く足踏みしたり、ワッグルを数回繰り返すといった自分なりに都合のよいリズムを感じることが大切です。ゴルフクラブを動かす場合はいったん両手をターゲット方向に少しプッシュして、左足を軽く踏み込むことで、元に戻す反動をうまく使えればウエートが右足にシフトしやすく、タイミングよくクラブを動かすことができるでしょう。

ハーフウエイバックについて

ハーフウエイバックは、バックスイングのリズムと軌道を整えて、クラブを正しいトップ位置まで導くための重要な動作です。ゴルフスイングのフォームを確認するときは、大きなミラーの前でスイングして、正面と飛球線後方側の2つの角度からチェックしましょう。

クラブをスムーズに始動させて、シャフトが水平になるまで上がった位置で一旦動きを止めて、正面の角度からは左肩がボールの真上に見えるかどうかをチェックしましょう。この時点ではウエートは右足に多く乗っている状態です。

飛球線後方側の角度からの確認はクラブが飛球線と平行状態となって、さらにクラブヘッドのリーディングエッジと背骨部分が、平行がどうかを確認します。左手甲が上を向いた状態であればクラブが極端に低く上がって、クラブフェースはオープンになります。またクラブが立ちすぎてしまうとアウドサイドに上がってしまうので注意しましょう。

スリークォーターバックについて

スリークォーターバックはハーフウエイバックの延長の動きです。卜ップ・オブ・スイングを迎える前の最後の動作です。クラブを地面と平行に上げたハーフウエイバックから、左腕とクラブが90度の角度になるようにリストを軽く折り曲げますが特に意識せずともできれば、それに越したことはありません。

スイングのはじめから卜ップ・オブ・スイングに至るまでの全体の動きは「バックスイング」と一般的に呼ばれていますが、クラブが正しい軌道上に乗っているかどうかをチェックするためには、飛球線後方からの角度で確認します。

グリップエンドがボールを指し示すように見える傾きでクラブが上がっていれば上出来です。仮に右肘が上がったり、強く絞られた状態になるとゴルフクラブが正しいスイングプレーンから大きくはずれてしまいます。

正面から確認することは右膝がストレートに見えていて、上体の捻りを右膝と右モモの内側でしっかり受け止める感覚があればOKです。ゴルフスイングの情報サイトで学んでおくと上達が早まります。